着物の買取りに必要なこと

手入れしてから依頼する

着物を買い取ってもらう場合、買取側の気持ちやその着物を必要とする人の気持ちを考え、手入れしておくと良いでしょう。
着物が良い状態であれば価値が上がり、買い取ってもらいやすくなります。さらに高額となり、思わぬ収入となります。着物を手入れする場合、次に着た人が不快に思わないために、なるべく良い状態にします。例えば、糸のほつれや傷、よごれ、シミ、生地の痛みなどを取り除いておくと良いです。新品同様の状態に仕上げることができれば、必要とされる可能性が高くなり、買取側も高い金額を支払います。わざわざクリーニングに出す必要はなく、自分で手入れできる範囲で良いので、面倒にはなりません。仮にクリーニングに出した場合、買い取ってもらったときの金額からクリーニング代が引かれ、プラス収入は少なくなるでしょう。

購入したときのセットをそのまま買い取ってもらう

着物を購入する際、着物をしまっておくための箱や袋、その他道具一式がついていたはずです。それらをまとめて買い取ってもらうことで、高く売ることができます。
着物そのものでも価値はありますが、道具一式が揃っていれば、それだけで価値があがり、お得感を与えることができます。何より、着物を大事にしまっておくことができるので、次に必要とする人にとっては大切なことです。高く売ることがだけでなく、次の人に長く使ってもらえる可能性が生まれるので、捨てるのではなく、まとめて買い取ってもらうと良いでしょう。
さらに、着物を取り扱っているお店で買い取ってもらうと良いです。買い取ってもらえるならどのお店でも良いとは考えず、適正に査定してもらうためにも、着物が置いてあるお店を選ぶことは必須になります。

© Copyright Days Kimono.All Rights Reserved.